【担当者・経営者必見】働き方セミナーで主に学べる4つのことと参加の注意点

厚生労働省が提唱する「働き方改革」や「福利厚生」などに興味がある方が、働き方セミナーに参加している傾向があります。

「働き方」に関するセミナーでは、次のようなことが学べます。

カテゴリ 見出しリスト
働き方改革関連法に関するもの ・働き方改革推進法って何?基本的な解説
・36協定の改正ポイントとは?必ず知っておきたいポイント
自分の働き方改善とワークライフバランスを実現する方法 ・残業削減のために導入したい習慣
・年次有給休暇取得率アップのためのポイント
シニア世代の働き方とは? ・高齢者雇用安定法を活用しよう
・60歳からの新しい働き方とは?
女性活躍推進法とは? ・女性活躍推進法のポイントと企業が遵守すべきこと
・先進企業はどう取り組んでいる?有給取得率80%達成のコツ

上記のように、働き方セミナーでは、働き方改革に関する法律や制度の基本的内容から、実践的な活用法までを学ぶことができます。

具体的には、36協定の改正ポイントや残業削減のための習慣づけなど、自分の働き方改善に役立つノウハウが身につきます。また、女性活躍推進法といった働き方改革関連法をうまく企業が活用している事例や、60歳以降のシニアの新しい働き方といったキャリア設計についても理解を深められます。

法改正の基礎知識から、ワークライフバランスや多様な働き方の実現に向けた具体策まで幅広い内容を学べる機会といえます。

過去の働き方セミナーは次のようなものがありました。

過去に開催した働き方セミナー
【1月25日(木)13時~】人材定着や生産性向上のガキは従業員の健康! 歩くことで社員が健康になる「福利厚生セミナー」 【3月7日(木)10時半~】【人の心を動かす】行動経済学でわかる。部下の行動のナゼ 【12月21日(木)15時半~】メンタルヘルス不調の予防と対応で職場をもっと元気に!
人材定着や生産性向上のガキは従業員の健康! 歩くことで社員が健康になる「福利厚生セミナー」 【人の心を動かす】行動経済学でわかる。部下の行動のナゼ メンタルヘルス不調の予防と対応で職場をもっと元気に!

さて、この記事では「働き方セミナーで学べること」について詳しく解説しています。

 

《働き方に関するウェビナーはこちら》

 

まず知りたい!人気な働き方セミナーカテゴリ

働き方セミナーに参加する方は、主に会社の人事担当者や経営者が多く。

特に働き方改革関連法の理解深化、自社の働き方改善、ワークライフバランスの促進、シニアや女性の活躍推進など、多様な労働力を有効活用し企業文化を革新する目的で参加する方が少なくありません。

またセミナーでは最新の働き方に関する法律だけでなく、従業員の満足度向上と生産性の向上を目指すための知識と戦略が学べるものも少なくありません。

 

1.働き方改革関連法に関するセミナー

区分 学べる内容
36協定の改正ポイント ・時間外労働の上限規制、年次有給休暇の取得促進、中小企業への適用猶予
生産性向上及び賃金アップ ・業務効率化とコスト削減<br>・デジタル化とリモートワーク<br>・人材育成と評価制度
助成金活用法 ・働き方改革推進支援助成金<br>・人材確保等支援助成金
管理職教育および労務管理 ・法律解説と就業規則の見直し<br>・労使交渉とコミュニケーション

働き方改革関連法セミナーを受講するメリットは大きいです。

36協定の改定ポイントを理解し、適切な上限規制値を設定することで法令違反を防ぐことができます。加えて、生産性向上のための業務改善手法を学ぶことで、業務効率化を図りつつ労働時間の削減も実現できるようになります。助成金活用でコスト面のサポートも受けられます。

さらに、管理職教育を通じて部下のメンタルケアや労使交渉力が向上するので、健全な労使関係の構築につながります。法改正対応をチャンスと捉え、業務改善と生産性アップを推進する絶好のきっかけとなります。

 

2.自分の働き方改善とワークライフバランスに関するセミナー

カテゴリー 学べる内容
業務効率化 ・会議の削減、リモート活用、業務工程とシステムの見直し、タスク管理と優先順位づけ
休暇取得促進 ・年次有給休暇の計画付与制度、休暇取得推進のKPI設定、代替要員の確保
職場環境改善 ・リフレッシュ休暇と資格取得支援制度、福利厚生と生活サポート施策、職場のコミュニケーション活性化

これらのセミナーを通じて、経営者自身が業務効率化と休暇取得方法などを学ぶことができます。

セミナーによっては部下の働き方に影響を与えられるものや、業務プロセスのスリム化とタスク管理を徹底することで企業の生産性が上げる方法などが学べるものもあります。

また福利厚生に強い講師から休暇取得促進の制度設計を学べたり、部下の健康維持と労働モチベーションの維持の方法を具体的に知ったりすることができますよ。

 

3.シニア世代の働き方や高齢者雇用に関するセミナー

カテゴリー 学べる内容
高齢者雇用促進法 ・65歳までの雇用確保義務、高齢者向け賃金体系と評価制度、人材活用とマンパワー計画
自社内でのシニア活用 ・熟練技能・ノウハウの継承、後進の指導、部下育成の実践
シニア向け労務管理 ・健康管理と安全衛生への配慮、職場環境と作業条件の改善、モチベーション維持のコツ

これらのセミナーを通じて、高齢者の雇用促進と活躍機会の拡大についてなど経営者にとって知って得する情報を学ぶことができるようになります。

セミナーによっては「65歳までの雇用確保」に関するものや高齢社員のノウハウと技能を長期間活用できる方法などが学べますし、後進への指導(事業継承)やシニア世代ならではの強みを理解し戦力化することで、人材の有効活用と生産性向上につなげられる方法などを知ることができます。

 

4.女性活躍推進法や活用法と企業事例に関するセミナー

カテゴリー 学べる内容
女性活躍推進法 ・女性活躍推進法のポイント、行動計画の策定とKPI設定、助成金制度の活用
働き方改革 ・女性のキャリア形成支援制度、産休・育休後の職場復帰プラン、保育サービス助成と補助
ロールモデル ・女性管理職比率の向上策、女性社員の活躍事例、経営陣のマインド改革

これらのセミナーでは女性活躍推進の取り組みや女性社員の管理職登用を強化する方法など、現代日本の経営課題とも呼べる「女性の働き方」について、リアルな情報を学ぶことができるものが少なくありません。

特に女性が活き活きと働ける環境づくり(保育支援等)は、優秀な人材の採用・定着などに関するセミナーは注目度が高く。

女性管理職や社員を中心とした「社内の意識改革」や「成長戦略」に関心がある企業や担当者さんが多く参加されています。

 

アナタにオススメの働き方セミナーは?

上記のフローチャートを踏まえて、働き方セミナーを選ぶ際のポイントを解説すると……。

 

働き方セミナーに参加する際のポイント

  • 自社の課題に対応した内容か確認する
    →法改正への対応や生産性向上がテーマかをみる
  • 実践的な改善策が学べるか
    →技術論や概論だけでなく、実践的な導入手法が学べるか
  • 参加者同士の情報交換ができるか
    →他社事例を参考にできる機会があるか
  • 運営実績・講師陣の質を確認する
    →実績と専門性があり、質問しやすいか
  • 費用対効果を検討する
    →参加費用と、学びから得られるROIを比較

など、自社と自分にとって実益があるかを総合的に判断することが大切です。

働き方セミナー選びのポイントは、自社の課題解決につながる実践的内容であるか、他社事例からの気づきが得られるか、運営実績と講師陣の質が高いか、参加費用に見合う価値があるか、という4つの視点から判断することが重要です。

働き方セミナーに参加する際の注意点

  • 講師の実績と評価を確認する
    →実務経験が豊富な講師で、参加者の評価が高いか
  • 次のセミナーへの引き込みがないか
    →高額な個別セミナーへの誘導が強くないか
  • 共催している団体に注意する
    →悪質な団体とタイアップしていないか確認
  • 参加者への個人情報管理に注意
    →個人データの取り扱い方針を確認

働き方セミナーは参加者からの質問や個別相談に応じる機会が多く設けられます。そのため主催者と講師について十分な確認が必要です。

業界経験や実績があり、質問に適切に答えられる能力を持った講師であることはもちろん、参加者の利益を最優先する姿勢で運営されているかどうかもチェックすべきポイントです。

個人情報の取り扱いにも注意が必要で、高額なセミナーへの勧誘など、参加者に不利益が生じないかを事前に確認しておきましょう。

信頼できる主催者でなければ、意図せぬトラブルに発展する可能性もあります!

ちなみに、こちらの記事『怪しいセミナーの共通点と対処法について』でより詳しく怪しいセミナーの見分け方を知ることが出来ますよ!

 

安心・安全のウェビナーはまるなげセミナーで!

まるなげセミナーは素性がハッキリしている会社や個人だけが告知できる、ウェビナーポータルサイトです。

アナタが「何か学びたい」「○○について知りたい!」という方は、ぜひこの機会にまるなげセミナーのウェビナーに参加されてみてくださいね。

まずは公式LINEから、まるなげセミナーに登録を!

 

《働き方に関するウェビナーはこちら》

 

\ウェビナー 一覧/

\今すぐ聞けるウェビナー/

 

関連セミナー