ウェビナーで集客しやすい曜日・時間のおすすめは金曜日12時!

2021.08.25

 

コロナ禍の影響により、会議のオンライン化が著しく進むなど、ビジネスの進め方がオンライン中心へ大きくシフトしました。

 

そんな中、いままでリアルで行っていたセミナーをウェビナーに変更する起業が急増しています。

本記事では、弊社が開催した過去2カ月のウェビナーについて、申込者の曜日や時間帯ごとの参加率を調査したものをまとめました。

ウェビナーを成功させたい方のお役に立てば幸いです。

 

曜日ごとでのウェビナー参加率ランキングは?

 

弊社の調査結果によると、ウェビナーの参加率が高い傾向にあるのは金曜日と日曜日です。

逆に土曜日はほぼ4人に1人しか出席していません。理由としては、多くのビジネスパーソンは、平日に仕事をこなし休日の初日は休息したいと考える傾向があるためと推測できます。

 

1位、2位の過去2カ月の平均参加率ランキングは以下のとおりです。

1位:金曜日(63%)

2位:日曜日(55%)

 

 

時間帯ごとでのウェビナー参加率ランキングは?

 

弊社がまとめた過去2カ月の時間帯によるウェビナー参加率の調査結果によると、午前中かお昼前後に開催するウェビナーの参加率が高い傾向があることがわかっています。

具体的には、9:00、12:00、13:30の参加率が高くなっています。

逆に夕方以降の時間は参加率が低い傾向があります。理由としては、夕方以降の時間帯は、日中仕事をこなし疲れ切っているためウェビナーに参加するほどの余力がなくなっているからと推測できます。

 

 

1位から5位までの過去2カ月のウェビナー平均参加率ランキングは以下のとおりです。

 

1位:12:00

2位:13:30

3位:  9:00 

4位:14:00

5位:16:00 

 

 

 

さいごに

 

今回の参加データを踏まえて、私が意外だなと思ったのが、金曜日の参加率が高く、お昼の時間帯のあたりが参加率が高いということでした。みなさんはいががでしょうか?

ウェビナーを開催する曜日や時間帯によって参加率が変わってきます。できるだけ参加率が高い曜日や時間帯で開催することで、参加率が上がりウェビナーを開催する効果が高まります。

 

今回のデータは2カ月間で約100回のウェビナーを開催した結果に基づいています。サンプルの数としてはやや不足するかもしれません。

これからもデータを蓄積しながら最新情報を発信してまいりますので、ぜひ参考にしてください。