【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用

【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用

離職が止まらない: 人材の流出は新人教育のコスト増加や業務の遅滞につながります。優秀な人材の維持ができないと、企業の競争力も低下する危険があります。

 

成長が自走化しない: 経営者やリーダーが常に介入しなければ動かない組織は、持続的な成長が難しく、市場での挑戦も制約されるでしょう。

 

これらの課題が解決されないと、組織は致命的な危険をはらんでいます。例えば、ある中堅企業では、評価制度が不透明で不公平と感じた社員が次々に退職。結果、重要プロジェクトの遅延とクライアントの信頼失墜につながりました。社員一人ひとりのモチベーションと生産性を向上させない限り、組織全体としての競争力が失われることも考えられます。

 

このセミナーは、こうした致命的な危機を回避し、強固な組織を構築するための戦略と実践的なノウハウを提供します。以下の要点に焦点を当てています:

 

①評価制度の設計: 社員の業績と報酬の適切なバランスを見極め、生産性の向上に直結する評価制度の作成。
②評価制度の運用: 公正な評価制度の実施により、社員のモチベーションと職場の雰囲気を高める方法。
③モチベーションと成長管理: 個々の社員の能力を最大限に引き出し、組織全体としての自走する成長を促進するための具体的な手法。
▼特別無料特典:
セミナー参加者には、組織のボトルネックを特定し、具体的な解決策を提示する専門的な組織診断も提供します。最新の事例やデータに基づいた分析で、課題解決への道筋を明確にします。

 

組織の可能性を最大限に引き出し、未来への布石を打つ戦略を一緒に学びましょう。お申し込みはお早めに、定員に達し次第締め切りとなります。

セミナーを聞くメリット

  • 【生産性20%UP】 評価制度を刷新し、社員のモチベーションと生産性を向上させる
  • 【離職率50%DOWN】 公正で納得感のある評価制度で、社員のエンゲージメントを高める
  • 【自走する組織】 組織のボトルネックを特定し、持続的な成長を実現する

登壇者

有馬 大悟

株式会社P-UP neo 識学シニアコンサルタント

慶應義塾大学卒業後 某テレビ局に番組制作担当として勤務。
業界最大手の学習塾に転職、個人での家庭教師としても志望校合格までの生徒へのコミットと成果を最大化するロジックを学ぶ。
全国に携帯電話ショップを200店舗展開する株式会社P-UP neoにてソフトバンク事業部の関東統括として店舗拡大に従事し、店舗の買収~採用~育成を構築することで店舗買収後の平均売上成長率は150%超。
関東代理店評価1位を3期連続取得に貢献する。
2019年より識学コンサルタントとして組織課題解決から生産性の最大化理論を提供する。

開催概要

セミナー名

【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用

日時
2024年2月22日(木) 13:00 15:00  
場所
オンラインセミナー(Zoom)
費用
無料
【注意事項】

※営業目的や参加特典目的でのご参加など、その他運営が不適切だと判断した場合、参加をご遠慮頂く場合がございます。
※本イベントの内容は、転載や二次利用等を固くお断りします。

お申し込みフォーム

【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用

おすすめセミナー

  • 【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用
    5月16日(木) 10:00 ~ 10:50
  • 【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用
    4月25日(木) 11:00 ~ 11:45
  • 【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用
    5月17日(金) 14:00 ~ 15:00
  • 【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用
    4月24日(水) 12:00 ~ 13:00 複数日程あり
  • 【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用
    5月8日(水) 13:00 ~ 14:00
  • 【2月22日(木)13時~】離職を防ぐ評価制度の作成と運用
    4月23日(火) ~ 平日毎日開催
お申込みはこちらから