【自治体の決裁者にリーチ】最適な訴求方法の考え方

【自治体の決裁者にリーチ】最適な訴求方法の考え方

【自治体向けサービス】誰にどうやって届けるのが効果的?

 

自治体や行政機関は、一般企業とは異なる独特の決裁フローやスピード感を持っています。そのため、自社のサービスを導入してもらうには、一般企業と比較して高いハードルがあります。
「今までのPR手法では効率よく自治体に届かない」「もっと決裁者に届けたい」といったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

本資料では、自治体向けサービスを効果的に展開するためのポイントを詳しく解説します。

<こんな方におススメ>
■自治体向けのサービスを提供しているが、なかなか浸透しない
■決裁者やキーマンに直接アプローチしたい
■自治体の特有の決裁フローに対応したPR手法を知りたい
■現在のPR手法の効果を見直し、改善したい

<資料目次>
■はじめに
■誰にどのようにアプローチするべきか
■効果的なアプローチ方法として求められる手法の条件
■発行部数5万部 決裁権者やキーマンに届く媒体
■活用事例
■お問合せ

お申し込みフォーム