お申し込みはこちら

セミナー内容

新型コロナウイルスをきっかけに、現在各企業では急激にオンライン化が進み、
テレワークも標準化に向かいつつあります。

そんな中、広報やPR活動においても、対面でのコミュニケーションが難しくなったことで、
これまでのようなプッシュ型のプロモーションにより取材を獲得することが非常に難しくなりました。

しかし、このような状況でも広報・PR活動において、
多くのメディア取材や掲載を獲得する企業は存在します。

このような企業が重視しているポイントは、『いかにして記者に情報を拾ってもらうのか』です。

そこで本セミナーでは、
ウィズコロナ時代の激動期でも広報・PR活動において、
取材や掲載依頼を獲得し、広報・PR活動を加速させる方法、
及び『記者に拾われる情報』とはどのような情報なのか、

という部分に焦点を当てた内容を、競(きそう)様にご登壇頂きます。

多くの中小企業は、このような問題を抱えてます。
・新商品やサービスのリリースの仕方が分からない
・市場でどのように存在感を示していけば良いのか分からない
・コンサルティング事業を行なっているが、PRに困っている
・自社商品に興味を持ってもらう方法が無い
・お客様に刺さるデータが自社に無い

このような状況では、新商品やサービスを展開しても自社商品の認知拡大は難しく、売り上げには繋がらないですよね。
新規のお客様に商品を知ってもらって、興味を持ってもらう為にはどうすれば良いのか。

今回のセミナーではそのような内容にフォーカスして、お話し頂きます。

こんな方におすすめのセミナーです

  • テレビに取り上げられるPR手法が知りたい
  • 成果を出したPR事例が知りたい
  • コンサルティング事業を行なっており、PRに困っている
  • 新商品やサービスのリリースの仕方を知りたい
  • 広報活動を具体的にどうやって良いのか分からない
お申し込みはこちら

登壇者

競仁志

株式会社ベイニッチ
取締役

筑波大学 社会・国際学群 社会学類を2013年に卒業後、新卒でネットプロテクションズへ入社。
現在はベイニッチ取締役として事業全般の推進を担当。
リサーチPR「リサピー」の事業責任者として企画・提案・実行全て行い、
累計2,000以上の企画を提案、200以上の調査実行を行う。

https://cutt.ly/JxDx0CP

開催概要

日時
2021年4月14日(水) 
13:00~14:00
場所
オンラインセミナー
費用
無料
【注意事項】

※営業目的でのご参加や、運営が不適切だと判断した場合、参加をご遠慮頂く場合がございます。
※本イベントの内容は、転載や二次利用等を固くお断りします。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook